カタクリの花

片栗(カタクリ)の花

カタクリは、ユリ科・カタクリ属の多年草の植物で、

花が籠を傾けたように咲くことから、

昔は片籠(かたかご)の花と呼ばれていました。

それが次第に変化し、カタクリと呼ばれるように

なったと言われています。春の妖精とも呼ばれる

カタクリの花は、日があたり気温が上昇すると開花します。

一般に17度前後まで気温が上がると花が咲くと言われており、

花びらに日光があたるほどにカタクリ独特の花びらの反りが大きくなります。

画像


画像


画像


画像


今年は一週間から10日遅れました・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック