松島五大堂

松島のシンボルと言われている五大堂で、

国の重要文化財に指定されております、

五大堂には朱塗りの橋を渡って行くのですが、

透かし橋になっていて足もとに海が見えます。

短い橋なので酒を飲んでいる方は注意!

ちょっとドキドキします。透かし橋のため、

海岸から三つ目の島の上にあり、

橋を渡って行ける様になっている、

五大堂は、大同2年(807年)

坂上田村麻呂が東征のとき毘沙門堂を建立したそうです

その後天長5年(828年)に慈覚大師円仁が延福寺

(現在の瑞厳寺)開基の際、

の五大明王像を安置したことから、

五大堂と呼ばれるようになったそうです・・・

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック